第3のビールの定義

今売れている第3のビールは?

酒税法 第3条には特に「その他の発泡性酒類」の定義はありませんが
第23条 (税率)の2項3に定義されています。

酒税法 23条2項3

 イ 糖類、ホップ、水及び政令で定める物品を原料として発酵させたも
   の(エキス分が2度以上のものに限る。)

 ロ 発泡酒(政令で定めるものに限る。)にスピリッツ(政令で定めるも
   のに限る。)を加えたもの(エキス分が2度以上のものに限る。)


とあります。
缶にはイは「その他の醸造酒(発泡性)、ロはリキュール(発泡性)と書かれています。
アサヒ 麦とホップはリキュール(発泡性)、キリンのどごしはその他の醸造酒(発泡性)です。
リキュール(発泡性)を第4のビールと呼ぶこともあります。


この記事のタグ

サイト内関連記事

ビールの定義
今売れてるビールは? ビールは酒税法 第3条12に以下のように定義されています。......
発泡酒の定義
今売れてる発泡酒 発泡酒は酒税法 第3条18に以下のように定義されています。 酒......
各発泡性酒類の税率
今売れてるビールは? 各発泡性酒類の税率については酒税法 第23条に以下のように......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

ビールについてのうんちく:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://beer.fromthree.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。