ビールの定義

今売れてるビールは?

ビールは酒税法 第3条12に以下のように定義されています。

酒税法 第3条12

次に掲げる酒類でアルコール分が20度未満のものをいう。

イ 麦芽、ホップ及び水を原料として発酵させたもの
ロ 麦芽、ホップ、水及び麦その他の政令で定める物品を原料として発酵
  させたもの(その原料中当該政令で定める物品の重量の合計が麦芽
  の重量の100分の50を超えないものに限る。)

ビールのアルコール度数は7%までしか見たことありませんが、20度未満ならいいんですね。驚きました。

またビールがお酒のどんなジャンルに所属するかについては第3条3

酒税法 第3条3 発泡性酒類

次に掲げる酒類をいう。
イ ビール
ロ 発泡酒
ハ イ及びロに掲げる酒類以外の酒類で発泡性を有するもの(アルコー
   ル分が10度未満のものに限る。
   以下「その他の発泡性酒類」という。)

第3のビールはここのハです。
つまり、ビールも発泡酒も第3のビールも同じ分類になるんですね。


この記事のタグ

サイト内関連記事

発泡酒の定義
今売れてる発泡酒 発泡酒は酒税法 第3条18に以下のように定義されています。 酒......
第3のビールの定義
今売れている第3のビールは? 酒税法 第3条には特に「その他の発泡性酒類」の定義......
各発泡性酒類の税率
今売れてるビールは? 各発泡性酒類の税率については酒税法 第23条に以下のように......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

ビールについてのうんちく:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://beer.fromthree.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。